今、災害が起きたら・・・

こんにちは。福岡営業所です。

皆様「STAY HOME」していますでしょうか?

新型コロナウイルスの終息を一日でも早く願うばかりです。

 

ちなみに、「収束」と「終息」の違いわかりますか?

結構混在しているので、私も調べてみました。

「終息」→「完全制圧」

「収束」→「ほぼ事態が収まっていること」

ざっくりですが、このような違いです。ですので、

新型コロナウイルスの「終息」を願いつつ、

1日も早い「収束」に向かいますように!

 

さて、本題です。

今年のゴールデンウイークは

「いのちを守る STAY HOME」

を合言葉に、一人一人が命を守る行動をとる

外出自粛週間です。しかし、

 

 

「今、大地震が起こったら・・・」

 

命を、家族を、大切な人を、社会を守るため

「自宅」で自粛をするはずが、

大地震で家が安心する場所ではなくなったら。

 

自宅での生活が困難な場合、

まずは体育館などの避難場所での生活になると思います。

しかし、新型コロナウイルス感染が拡大している現在、

避難所のように不特定多数が密集して暮らす場所では

3密(密閉、密集、密接)が発生しやすい場所であり、

換気が悪く、衛生状態も決していいとは言えず、

心理的なストレスに疲労もたまりやすくなります。

感染症が流行するための条件がそろっています。

 

しかし、災害に強い百年住宅なら

「自宅が一番安全な場所」であり

避難所生活は必要ありません。

自宅が避難所であることは

何物にも代えがたい安心感になると思います。

 

外出自粛の今こそ、家づくりを進めるには絶好の機会です。

展示場では新型コロナウイルス対策として

マスクの着用や消毒など新型コロナウイルス対策を

実施しておりますが、郵送での資料送付や

事前web予約もコチラから受け付けております。

お気軽にお問合せください。

 

日本一災害に強い家のサムネイル

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です