WPC工法 鉄筋コンクリート住宅 強さの秘密(耐震性能編)|百年住宅西日本株式会社

Facebookロゴマーク

すぐれた耐震性能の秘密は
壁式構造にあります

すぐれた耐震性能の秘密は壁式構造にあります イメージ画像

高強度のWPC鉄筋コンクリートパネル
でつくる壁式構造

高強度のWPC鉄筋コンクリートパネルでつくる壁式構造 イメージ画像

百年住宅は強度30N/㎟(300f/㎠)以上のコンクリートを使用した
PCパネルを構造躯体とした壁式構造の住宅です。
この構造の大きな特長は、コンクリート自体の強度に加え、
壁式構造が地震で受ける力を床や壁、屋根など「面」で分散させることにあります。
そのため、柱や筋かいといった一点に集中的に負担がかかる軸組構造とは違い、
外からの力に対する変形が比較にならないほど小さく、強いのです。

耐力に十分な余力がある設計

同基準の検証方法で構造計算建物の構造には木造、軽量鉄骨造、コンクリート造などがありますが、異なる構造の建物を設計評価する場合、どうしても評価の考え方、安全率の掛け方が違ってきます。
百年住宅は2階建て、または3階建てですが、高さ31m超60m以下の中高層建築

物にも適用される基準(限界耐力計算法)で構造計算を行っています。
これは、地震などの力を受けた建築物に生じる変形や、部材に生じる力を計算により確認する、新たな構造計算手法です。
それだけ厳しい条件で検討されている百年住宅は、他構造の建物に比べて安全率が高い、つまり耐力に十分な余力がある安心設計であるといえます。

WPC鉄筋コンクリート住宅は揺れが
極めて少ない建物

地震加速度による変形量の比較木造・軽量鉄骨造の建物は、地震に遭った時に変形(揺れ)を許容しながら強度を確保する柔軟型の構造です。建物が倒壊しない代償として、その分、大きな揺れを覚悟しなければなりません。そのため、タンス等の転倒、ガス・水道管の損傷などにより、家の中にいることが必ずしも安全とは限りません。また、サッシ・外装材など構造躯体以外の部分に損傷を及ぼす可能性が高くなることが考えられます。これに対し、百年住宅は変形(揺れ)をできる限り抑え、強度を高くして安全性を確保する強度型の構造です。大地震時における変形(揺れ)は、他構造に比べ約1/10程度しかありません。百年住宅は、いわゆるシェルターのような構造で、人も建物も地震から守るのです。

実物大実験によって、
すぐれた耐震性能を実証

百年住宅は、建築基準法レベル(住宅性能表示、耐震等級1相当)で設計した実物大建物に、
関東大震災級の地震の2倍の力をかけても倒壊しなかったことを実証しています。

実物大実験 イメージ画像
マンガでわかるWPC 強さの秘密工場製産編 最強職人列伝 マンガを見たい方はコチラをクリック
WPC鉄筋コンクリート住宅 強さの秘密 WPC鉄筋コンクリート住宅 快適性能 WPC鉄筋コンクリート住宅 屋上庭園
キャンペーンのお申し込み・お問い合わせ・資料請求は下記、最寄りの営業所のフォームからお気軽にどうぞ。
岡山営業所 広島営業所 福岡営業所 本社
福山営業所 岩国営業所 山口営業所 熊本営業所
営業所マップ