百年住宅西日本の強さの秘密は高強度のWPC鉄筋コンクリートパネルでつくる壁式構造にあります。

強さの秘密
WPC住宅とは
強さの秘密
快適性能
屋上庭園

百年住宅西日本の強さの秘密は
高強度のWPC鉄筋コンクリートパネルでつくる壁式構造にあります。

耐震性能 すぐれた耐震性能の秘密は壁式構造にあります

高強度のWPC鉄筋コンクリートパネルでつくる壁式構造

百年住宅西日本は強度30N/㎟(300f/㎠)以上のコンクリートを使用したPCパネルを構造躯体とした壁式構造の住宅です。この構造の大きな特長は、コンクリート自体の強度に加え、壁式構造が地震で受ける力を床や壁、屋根など「面」で分散させることにあります。そのため、柱や筋かいといった一点に集中的に負担がかかる軸組構造とは違い、外からの力に対する変形が比較にならないほど小さく、強いのです。

壁式構造と木造軸組構造の比較イラスト

耐力に十分な余力がある設計

建物の構造には木造、軽量鉄骨造、コンクリート造などがありますが、異なる構造の建物を設計評価する場合、どうしても評価の考え方、安全率の掛け方が違ってきます。 百年住宅西日本は2階建て、または3階建てですが、高さ31m超60m以下の中高層建築物にも適用される基準(限界耐力計算法)で構造計算を行っています。これは、地震などの力を受けた建築物に生じる変形や、部材に生じる力を計算により確認する、新たな構造計算手法です。それだけ厳しい条件で検討されている百年住宅西日本は、他構造の建物に比べて安全率が高い、つまり耐力に十分な余力がある安心設計であるといえます。

壁式構造と木造軸組構造の比較イラスト

WPC鉄筋コンクリート住宅は揺れが極めて少ない建物

木造・軽量鉄骨造の建物は、地震に遭った時に変形(揺れ)を許容しながら強度を確保する柔軟型の構造です。建物が倒壊しない代償として、その分、大きな揺れを覚悟しなければなりません。そのため、タンス等の転倒、ガス・水道管の損傷などにより、家の中にいることが必ずしも安全とは限りません。また、サッシ・外装材など構造躯体以外の部分に損傷を及ぼす可能性が高くなることが考えられます。これに対し、百年住宅西日本は変形(揺れ)をできる限り抑え、強度を高くして安全性を確保する強度型の構造です。大地震時における変形(揺れ)は、他構造に比べ約1/10程度しかありません。百年住宅西日本は、いわゆるシェルターのような構造で、人も建物も地震から守るのです。

地震加速度による変形量の比較

実物大実験によって、
すぐれた耐震性を実証

百年住宅西日本は、建築基準法レベル(住宅性能表示、耐震等級1相当)で設計した実物大建物に、関東大震災級の地震の2倍の力をかけても倒壊しなかったことを実証しています。

地震加速度による変形量の比較

阪神淡路大震災や鳥取県西部地震でも倒壊ゼロの実績

百年住宅西日本は、阪神淡路大震災においても倒壊した建物はなく、またガラス1枚割れなかった実績があります。
2000年10月に発生した鳥取県西部地震においても、百年住宅西日本は他構造に比べてわずかしか構造躯体の変形が起こらないため、構造躯体と構造躯体以外の部分においてほとんど損傷がなく、家の中にいる人も安全でした。

阪神淡路大震災において倒壊ゼロの実例

百年住宅西日本は1995年の阪神淡路大震災において倒壊ゼロの実例

耐火性能 燃えない鉄筋コンクリート 2階から出火、1階は延焼しませんでした。 隣家には燃え移りませんでした。

可熱性のガスを出さない石やコンクリートなどのセラミック類は、火に対して理想的な建材だということはいうまでもありません。さらに厚さが厚くなるほど耐火性能は高まりますが、一般住宅用の建材としては、あまりにも厚い建材は実用的ではありません。そこで、必要最小限の厚みで十分な耐火性を備えることが必要になってきます。建築基準法では、建築物の各部分の耐火性能に関して、「耐火構造」と「防火構造」の2つの規定があります。「耐火構造」とは、火熱に対して一定時間以上、その構造体自体が破壊されたり変形したりせずに、構造耐力もほとんど低下しない構造のことをいいます。「防火構造」とは、隣地からの火災に対して類焼を防止できる性能を持つ構造のことです。百年住宅西日本のWPCパネルは、実用的な厚さでありながら、この2つの性能に対応できる仕様が可能です。

コンクリートと鉄筋をドッキングイラスト
耐風性能 暴風でも揺れない安全な住まい

地震に対して変形(揺れ)を極力抑えた百年住宅西日本は、暴風時に建物に作用する力に対しても、高い剛性を発揮し、ほとんど揺れることがありません。堅い甲羅のような外壁に守られ、たとえ台風の強風下でも揺れや音を感じない安心感が百年住宅西日本にはあります。

耐風性能 百年住宅西日本と木造軸組構造の比較イラスト

百年住宅西日本は基礎と壁板・屋根板・床板の鉄筋コンクリートパネルを結合する際、ボルト接合部に高強度モルタル(ウベグラウト)を充填し、壁、床を一体化します。その効果は、最大瞬間風速60m/秒の暴風が吹き付けても、家自体の揺れはわずか0.1cm。木造や軽量鉄骨造の1.5cmとは比較にならないほどの値です。(当社比較値)

揺れ 百年住宅西日本と木造軸組構造の比較イラスト
土砂崩れに耐えた百年住宅西日本の家

土砂崩れに耐えた百年住宅西日本の家

1993年8月2日、山口県地区を中心に140〜200á_の豪雨が降り、土砂崩れによる死者4名、がけ崩れによっても道路や線路に多くの被害を出しました。このとき、山口県宇部市のT氏宅(百年住宅西日本に居住)の裏山が崩れ、大量の土砂が家屋を直撃。普通の木造であれば、ひとたまりもなくつぶされるところでしたが、サッシ部分に一部損傷が見られたものの、構造には影響が全くなく無事でした。ここでも百年住宅西日本の強さが実証されました。

日本に大きな被害を与えた台風一覧
強靭な基礎

百年住宅西日本の基礎は、鉄筋コンクリート造の布基礎。確かな品質のコンクリートを使用した現場打ち工法で、しっかりと土台を造ります。基礎梁の幅は20ápと大型で、基礎の芯となる鉄筋はダブル配筋を施し、さらにコンクリート強度は30N/mm2と、一般レベルをはるかに超えた堅牢な構造となっています。さらに、基礎とパネルを接合するアンカーボルトには、電気亜鉛メッキによって防錆処理を施したものを使用。基礎とパネルを一体化し、より一層の強度アップを図りました。

強靭な基礎

どんなに強固な家、丈夫な基礎でも、地盤が弱くては真に強い住まいとはいえません。百年住宅西日本は建築に先がけ、敷地の測量と合わせて地盤調査を実施。スウェーデン式サウンディング調査などにより地盤の強さを調査分析し、その地盤に適した基礎工事を行います。

スウェーデン式サウンディングによる地質調査。

スウェーデン式サウンディングによる地質調査。

地盤調査の結果、「地盤が軟弱」と判断した場合は、地盤改良を計画します。これは、建物の基礎を設ける部分の地盤を柱状に掘削し、強固な地盤まで特殊なセメント系固化材を注入し、改良杭をつくって建物を支持する工法です。また、地質によっては支持杭基礎・表層地盤改良・深基礎工事・ベタ基礎などの特殊基礎補強工事を実施。確実に安心して暮らせる住まいを百年住宅西日本は提案します。

●柱状地盤改良 ●標準的な基礎の種類

※地域・地盤によっては施工方法が異なる場合があります。

地盤調査を実施し、地盤に適した基礎工事を終えると、いよいよ建物の施工です。施工といっても百年住宅西日本の場合、鉄筋コンクリートパネルを工場で生産するため、現場では組み立てが主作業となります。熟練のスタッフの手による組み立て作業は、確実でスピーディー。現場工事を効率的に行うことで、場所打ち鉄筋コンクリート工法に比べて工期は短期間ですみます。

施工は短期間イメージ写真
住まいづくり勉強会 住まいづくり勉強会
MODEL HOUSE & OFFICE 展示場・営業所一覧
百年住宅西日本株式会社 岡山営業所
百年住宅西日本株式会社 福山営業所
百年住宅西日本株式会社 岩国営業所
百年住宅西日本株式会社 山口営業所
百年住宅西日本株式会社 福岡営業所
百年住宅西日本株式会社 熊本営業所

Googleマップから所在地を見る