百年住宅 (鉄筋コンクリート造) 【建築日記(基礎工事その2)】 

こんにちは!百年住宅西日本株式会社 岡山営業所です。

前回はこちらから
基礎工事その1

 

※こちらが百年住宅の基礎の一部です!

 

 

 

百年住宅の基礎はココが違う!
一般的な基礎は現場で型枠を組んで、

コンクリートを流し込んで造りますが、
百年住宅の基礎は、
工場で造った頑丈な
部材を現場まで運んで、
レッカー車を使って組み立てていきます。

※百年住宅の基礎は他ではまず見ることが出来ません!※
工事をしていると、よく近所の方から驚かれます。

さて、コンクリート部材の組み立てです!

 

慎重に高さや位置の調整をしながら組んでいきます。

 

 

 

ダブル配筋とは、
百年住宅の基礎には「ダブル配筋」
を施します。
ダブル配筋には、鉄筋内部の
コンクリート及び、アンカーボルトを拘束し、
地震などの大きな力が加わった際の
急激な耐力低下を防ぐ効果があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です